将来のために、自分の歯を1本でも多く残そう!

by admin on

抜かずに、残したい!

永久歯は一度抜いてしまうと新しく生えてくる事はもう二度とない、限られている大切な体の資源なのです。そもそも人が歯を失ってしまう原因は歯周病や事故など様々ですが、虫歯も進行すると治療不可能となり抜かないといけなくなってしまいます。歯を抜いてしまった箇所はそのままにしておくわけにはいかないので、何等かの処置を受けてちゃんと?めるようにしなくてはなりません。抜歯後の治療には入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがありますが、いずれもデメリットがあり、噛む力も自身の歯より衰えてしまいます。大切な歯を抜かずに残すために、近年ではどんなに虫歯が進行していても極力抜かないで済むような治療に取り組んでいる歯科医院は多く存在します。そもそも歯を抜かず残すために1番重要なのは歯の根が割れたりヒビが入る事なく、きちんと残っているかどうかなのです。

歯の根が残っていれば

どんなに虫歯が大きくても歯の根が残ってさえいれば、その上に被せ物をして自身の歯を維持する事が可能なのです。これは歯の根を専用の器具を使って綺麗に洗浄する「根管治療」という方法で、かなり精密に行う必要性があり、完治するまでに少し時間のかかる治療です。長生きをして、自分の歯で美味しく食事をするためにも、歯の寿命を延ばすために多少時間を要しても、きちんと最後まで治療に通うようにしましょう。更にこの治療は精密さを要するため、マイクロスコープを導入している歯科医院を選ぶのがいいかもしれません。

根管治療とは、虫歯菌に感染した歯の神経を取り除いたあと、その神経の入っていた場所を消毒して薬を詰めたうえで被せ物や充填を行う治療です。