根本治療か?自分で対処するか?わきがの対策法

by admin on

わきがを自分で対処する

わきがを自分で対処する方法ですが、代表的なものとして制汗剤を使用するというものがあります。

最近ではスプレータイプ以外にロールタイプやクリームタイプなども売られていますので、状況に合わせて使い分けることが可能です。

また、アルム石を使用したクリスタルタイプやストーンタイプといったものの人気も高まっています。

スプレーなどではなかなか効果が出ないという方であっても、アルム石であれば効果があったという方も多いです。

それぞれの使用方法はわきに直接塗布する形になりますが、特に男性の場合はわき毛を処理することでより高い効果が期待できます。

わき毛によって臭いの元となる菌が繁殖しやすくなるので処理することでそういったリスクを軽減させることが出来ますし、制汗剤も塗りやすくなります。

手術やミラドライで根本治療

わきがを根本治療するには手術が一般的です。

わきがの臭いは、アポクリン線という汗腺から分泌される汗によって引き起こされているものになりますので、そのアポクリン線を手術によって切除してしまうというものです。

アポクリン線の成長が終わった成人以降であれば、取り除きがなければわきがを根本的に治療することが出来ます。

しかし、手術はどうしても傷跡が残ってしまうので嫌だという方も多いです。

そういった方にはマイクロウェーブを使用したミラドライという治療方法があります。

マイクロウェーブによってアポクリン線を破壊してしまうので、こちらも根本治療になりますが保険の適用はありません。

わきがは、脇のアポクリン線から出る汗が原因で異臭を発してしまう症状です。しかし、手術によってこの症状を緩和させることができます。